世界の屋根ネパール

英語長文
 Nepal is a country whose name conjures up romantic visions of exotic, secluded kingdoms and incredible mountaintop vistas. And the country’s nickname, “Roof of the World”, does little to dispel that image. Nestled in the highest mountain range in the world, Nepal has long been regarded as a sacred place; as the Himalayan home of the gods.
For Westerners, Nepal is most famous as the home of Mt. Everest. This mountain, which in Nepalese is called Sagarmatha, meaning “Mother of the Universe”, stands a majestic 8,848 meters high.
The Himalayas were created millions of years ago when the Indian subcontinent slammed into Asia, pushing the land up to form a huge mountain range. Nepal has another nickname, “A Root Between Two Stones”, as it’s positioned between India to the south, and Tibet and China to the north.
Actually, the Himalayas aren’t finished growing. India is still pushing into Asia at the rate of two inches a year, causing the mountains to grow ever higher.
英単語
conjure up:・・・を想像させる、思い出させる
vision:幻、幻影、幻想
exotic:異国情緒の、異国風の
secluded:隔絶された、人里はなれた
kingdom:王国、王領
incredible:驚くべき、信じられない
vista:風景、見通し
little:(aをつけない否定的用法で)ほんの少ししか・・・ない
dispel:追い払う、払いのける
nestle…in~:・・・を~に心地よく落ち着かせる
mountain range:山脈
sacred:神聖な
Nepalese:ネパール語
stand…:(高さが)・・・である
majestic:荘厳な、堂々とした
subcontinent:亜大陸
slam:ドンとぶつかる、バタンと閉まる
rate:割合。at the rate of…で「・・・の割合で」
inch:インチ。(=2.54 cm)
cause…to~:・・・に~させる
和訳
 ネパールは、異国情緒にあふれ、隔絶された王国のロマンチックな幻想、そして素晴らしい山頂の眺めを思い起こさせる国です。そして、「世界の屋根」というこの国のニックネームは、このイメージを汚すことがありません。世界最高峰の山脈に抱かれたネパールは、神聖な地、つまり神々のヒマラヤの家と考えられてきました。
 欧米人にとって、ネパールはエベレスト山のあるところとしてもっとも有名です。ネパール語で「宇宙の母」という意味のサガルマタと呼ばれるこの山は8848メートルの荘厳な高さで立ちはだかっています。
 ヒマラヤ山脈は数百万年にインド亜大陸がアジアと衝突して誕生しました。大地が押し上げられて巨大な山脈が形成されたのです。南にインド、北にチベットと中国を抱える場所に位置しているため、ネパールには「2つの岩の源」というもう一つのニックネームがあります。
 事実、ヒマラヤ山脈は成長を止めていません。インドはまだ年に2インチの割合でアジアに押し込まれており、山脈もさらに高くなっているのです。