作曲家オリバー・ナッセン

英語長文
 One of the leading British composers of his generation, Oliver Knussen was born in Glasgow in 1952. He studied composition first with John Lambert, and later with Gunther Shuller at Tanglewood. He debuted at 15, conducting the London Symphony Orchestra in his “First Symphony”. Incidentally, Knussen’s father was for many years the principal double bass player in the London Symphony Orchestra.
In 1971, Knussen released his “Second Symphony”, which won a prize at Tanglewood and was heard again at the 1976 ISCM Festival. His “Third Symphony” debuted at the 1979 Proms, with Michael Tilson Thomas conducting. Silence then, it has been performed nearly 30 times in Europe and America.
Not only has Knussen composed these orchestral pieces and the opera “Where the Wild Things Are”, but he has also written quite a lot of vocal and chamber music.
英単語
leading:一流の、優れた
composer:作曲家
composition:作曲、作曲法
Tanglewood:タングルウッド。マサチューセッツ州にある地名。毎年夏にボストン交響が参加して音楽祭が開催される。
incidentally:(通例文頭において)ついでに、ついでながら
conduct:指揮する
double bass:コントラバス、ダブルベース。最低音の弦楽器
ISCM:国際現代音楽協会。International Society of Contemporary Music の略
perform:演奏する
Proms:(the を伴って)プロムス。毎年7月上旬から8週間、ロンドンのRoyal Albert Hall で開催されるプロムナードコンサート
piece:一編の作品
not only … but also ~:・・・だけでなく~も
quite:かなり
vocal:声楽の
chamber music:室内楽。chanberは「部屋、私室」の意。
和訳
 イギリスの同世代の卓越した作曲家の一人であるオリバー・ナッセンは、1952年にグラスゴーで生まれました。はじめ彼は、ジョン・ランバートのもとで作曲を学び、のちに単ぐるウッドでガンサー・シューラーに師事しました。15歳でデビューし、ロンドン交響楽団を相手に自作の「第一交響曲」を指揮しました。ついでながら彼の父親は、ロンドン交響楽団で長い間コントラバスの主席奏者を務めていました。
 1971年に発表した「第二交響曲」は、タングルウッド(音楽祭)で入賞し、1976年にISCM(国際現代音楽協会)音楽祭で再演されました。「第三交響曲」は1979年にマイケル・ティルソン・トーマスの指揮でプロムスで初演されました。その後この交響曲は、ヨーロッパやアメリカで30回近く演奏されています。
 ナッセンはこうしたオーケストラ曲やオペラ“Where the Wild Things Are”だけでなく、声楽曲や室内楽曲も数多く手がけています。