家庭教育が選ばれる理由

英語長文
 In contrast to the home, schools are artificial institutions that have only existed relatively recently. There have been many successful cultures without schools, but there have been none without homes. Until the last century, in fact, children didn’t usually begin formal schooling until the age of 12 or so.
 There are a multitude of reasons for parents to choose home learning over that provided by the educational system: religious and philosophical beliefs, school violence and crowding, and peer pressures.
 Often, parents who from the beginning are very involved in their children’s development, come to the realization that they themselves would be their child’s best guide to knowledge, values, and the complexities of the world-especially through the stressful and sometimes traumatic school-age years.
英単語
in contrast to …:…と対比して
relatively:比較的に
institutions:機関
a multitude of:多数の
involved in …:…に深く関係して
realization:理解
complexities:複雑さ
traumatic:衝撃的な
和訳
 家庭に比べると、学校は比較的最近に誕生した人為的な機関に過ぎません。学校がなくても素晴らしい文化はこれまでにも存在してきましたが、家庭なしでといった例はありません。実際、19世紀まで、子どもたちは12歳くらいまでは正規教育を受けないのが普通でした。
 教育システムによってもたらされる学習よりも、家庭学習を親が選ぶのには多くの理由があります。たとえば、宗教や哲学上の信念、校内暴力や生徒の数が多すぎること、そして仲間の圧力などです。
 多くの場合、我が子の誕生のときから子どもの成長に深くかかわってきた親は、知識、価値、さらには世の中の複雑さを子どもに教えるには自分たちが一番だと考えています。特に、ストレスや精神的ショックを感じやすい義務教育期にそう考えています。