アイスクリーム産業の誕生

英語長文
 The first improvement in the manufacture of ice cream (over the handmade method using a large bowl) was given to us by a New Jersey woman, Nancy Johnson, who in 1846 invented the hand-cranked freezer. This device is still familiar to many. By turning the freezer handle, they agitated a container of ice cream mix in a bed of salt and ice until the mix was frozen. Because Nancy Johnson lacked the foresight to have her invention patented, her name does not appear on the patent records. A similar type of freezer was patented on May 30, 1848, by Mr. Young, who at least had the courtesy to call it the “Johnson Patent Ice Cream Freezer.”
 Commercial production was begun in North America in Baltimore, Maryland, in 1851, by Mr. Jacob fussell, now known as the father of the American ice cream industry. About 1926, the first commercially successful continuous process freezer was perfected. The continuous freezer, developed by Clarence Vogt, and later models producedby other manufacturers, enabled the ice cream industry to become a mass producer of its product.
英単語
hand-cranked:手回しの(crank は「クランク(L字型ハンドル)を回して始動する」の意)
device:装置、仕掛け
familiar to…:・・・によく知られている、おなじみの
agitate:激しく揺り動かす、かきまわす、(規則的に)動かす
lack:不足している、欠いている
foresight:先見(の明)、洞察力
courtesy:礼儀、丁重、丁寧
commercially:業務用に、商業的に
continuous:連続的な、継続的な
manufacturer:製造業者、メーカー
enable…to~:・・・が~することを可能にする
和訳
 アイスクリーム製造の最初の改良(大きなボウルを使った手作りの方法)は、ニュージャージに住むナンシー・ジョンソンによってもたらされました。1846年に彼女は、手回しによるアイスクリーム製造器を発明したのです。これは今でも多くの人々に使われています。製造器の取っ手を回すことによって、アイスクリームの材料を入れた容器を、中身が凍るまで塩と氷の中でかき回すというものでした。ナンシー・ジョンソンは自身の発明の特許を取るという先見の明を欠いていたため、特許登録にその名は残されていません。同じタイプの製造器は1848年5月30日、ヤング氏という人物が特許を得ています。少なくとも彼は製品を「ジョンソンの特許によるアイスクリーム製造器」と呼ぶ礼儀はわきまえていました。
 商業生産は1851年、北米メリーランド州ボルティモアでジェイコブ・ファセル氏によって始められました。彼は今日、アメリカのアイスクリーム産業の父として知られています。1926年こと、初めて商業的に成功を収めた連続工程による製造器が完成しました。クラレンス・ボットが開発し、他の製造業者が作ったのちの連続製造器によって、アイスクリーム業界での製品の大量生産が可能となったのです。