太陽系惑星の大きさ

英語長文
 The solar system is too large to adequately visualize its dimensions. However, if one were to shrink it by about a billionth, it would be much easier.
 At that scale, the Earth would be about the size of a grape (1.3 cm) and the moon would be about a foot away. The sun would be about the height of a man (1.5 m). Saturn, at the size of an orange, would be ten football fields away, and Uranus and Neptune, at lemon size, would be 20 or 30 football fields away. At this scale, a human being would be the size of an atom, and the nearest star would be over 9,000 km away. No matter what the scale, the dimensions of existence are extraordinary.
英単語
solar system:太陽系
dimension:(通例複数形の形で)大きさ、規模
shrink:縮ませる
billionth:10億分の1
foot:フィート(長さの単位:30.48 cm)
Saturn:土星
Uranus:天王星
Neptune:海王星
extraordinary:驚くほどの、並外れた、異常な
和訳
 太陽系は、その規模を適切に視覚化するには大きすぎます。しかし、約10億分の1に縮尺すれば、かなり理解しやすくなります。
 この縮尺では、地球はブドウの(粒の)大きさ(1.3センチメートル)であり、月は1フィート離れたところにあることになります。太陽の直径はほぼ人間の身長(1.5メートル)ほどで、フットボールグラウンドの長さより少し遠いくらい(150メートル)の距離にあります。土星はオレンジの大きさで、フットボールグランドの10倍ほど離れており、天王星や海王星はレモンの大きさで、フットボールグランドの20~30倍ほど離れています。この縮尺では人間の大きさは原子ほどで、最も近い恒星は9000キロメートル以上かなたにあります。どの縮尺であれ、その存在の大きさは、桁外れなのです。