日本料理の辛味

英語長文
 Most Japanese food is not at all spicy ― although there are plenty of spicy Thai, Indian, and Chinese dishes available in Japan.
 Generally speaking, Japanese cuisine relies on very fresh vegetables and a minimum of spices. The natural, original flavor of the foods are stressed. Shabu-shabu is a good example. It’s simply thin boiled strips of beef dipped in various sauces, along with vegetables.
 Sushi is another instance of simple preparation. Be careful of the wasabi, though. Wasabi, which is very similar to horseradish, has a sharp taste. Japanese mustard is also very sharp unlike Western-style mustard. In a restaurant, you usually know which type of mustard you’re getting. It’s in the grocery store that you have to be careful.
英単語
at all:(否定文に用いて)少しも・・・でない
plenty of…:たくさんの・・・、多くの・・・
cuisine:料理、料理法
rely on…:・・・に頼る
minimum:最小限度、最低限、最小量。a minimum of…で「最小限の・・・」
flavor:(あるもの固有の)味、風味。taseteは「一般的な味、趣き」
stress:強調する
strip:(布、紙などの)細長い切れ、一片
boiled:ゆでた
dip:(液体などに)ちょっと浸す
along with…:・・・と一緒に
preparation:調理、(調理した)料理
horseradish:西洋わさび、ホースラディッシュ
grocery store:食料雑貨店、食料品店。=grocery
和訳
 香辛料の利いたタイ、インド、中華料理の多くを日本で食べることができますが、日本料理のほとんどはまったく辛くありません。
 一般的に日本食は、きわめて新鮮な野菜と最小限の香辛料で作られます。食材本来の自然な味が大切にされます。しゃぶしゃぶが良い例です。これは、湯に通しただけの牛肉の薄切りをいろいろなたれに浸したもので、野菜とともに食されます。
 すしは簡素な調理の一例です。しかし、わさびには気をつけてください。わさびは西洋わさびと良く似ており、辛味が強いのです。和がらしも洋がらしと違う強い辛味があります。レストランでは、どのタイプのからしを使うかたいていわかります。注意しなければならないのは食料品店においてです。