英国ユニセフの活動

英語長文
 In the UK, the UNICEF committee has worked since 1956 to raise funds for UNICEF. In 1995, one-third of UNICEF’s annual budget was raised by the UK Committee and similar committees in other industrialized nations. This money was raised through sales of greeting cards and individual donations. This money is used by UNICEF to fund programs in countries where there is a high child death rate and limited national resources.
 Recently, the UK Committee has expanded its work to promote the rights of children, to help ensure that the child rights targets set at the World Summit for Children will be met in the UK as well as overseas.
英単語
committee:委員会
raise:(資金などを)調達する
fund:資金、基金
greeting card:挨拶状、賀状
fund:(企画などに)資金をあてる
death rate:死亡率
ensure:保証する、確実にする
meet:(注文・要求・必要などに)応じる
as well as…:・・・と同様に、・・・はもちろん
overseas:海外
和訳
 イギリスでは、1956年からユニセフ委員会がユニセフのための基金集めを行っています。1995年にはユニセフの年間予算の3分の1が、同委員会や他の先進諸国内の同様な委員会によって集められました。こうしたお金は、グリーティングカードの売り上げや個人の寄付金によってまかなわれたものです。ユニセフはこの資金を、幼児死亡率が高く、視点の乏しい国々でのプログラムの財源として使っています。
 近年イギリスの委員会は、子どものための世界サミットで採択された子どもの権利目標が他の国々と同様イギリスでも満たされるように、子どもの権利の促進にも力を入れています。